キャリアアップ

2度のキャリアアップ転職で役立った自己分析のやり方を解説|⑤成果【サポートあり】

悩んでいる人
自分だけで成果を出した出来事が思いつかない。

成果を出したエピソードを効果的にアピールに使いたい!

このようなお悩みにお答えします。

本記事の内容

  • 自己分析の必要性
  • 自己分析の流れ
  • 現職での成果ストーリづくり

本記事の信頼性

profile-pic
Taka

この記事を書いている私は、

  • 海外MBA進学・2度の転職経験をもとに自身が所属する香港の団体でキャリア相談を実施
  • SNSを通じてES・履歴書・職歴書・志望動機書に関するキャリアサポートを実施
  • ドイツ勤務、外資系メーカーへの転職を経て、現在は外資系コンサルティングファームでビジネスコンサルタント職に従事

自己分析とは?

就職、転職時には自己分析が欠かせません。

この自己分析の質によって、キャリアアップを実現できるか否かが決まってくると言っても過言ではありません。

自己分析の目的4つ

  1. 自己理解
    あなたの過去の出来事、行動、経験を具体的に洗い出し、その背景や考えについて分析することで自己理解が進みます。あなたという人間をあなた自身が理解することで、相手にわかりやすくあなたという人間を伝える事にもつながります。
  2. 自己アピール
    あなたの過去の出来事、行動、経験から分析した要素をあなたの強みや個性として自己アピールに繋げることができます。自己分析ではあなたの強みだけではなく、弱み、価値観などのアピールポイントを浮き彫りにすることが可能です。これらを論理的に志望動機や将来のキャリア像とつなげることで、説得力をもったアピールをすることができます。
  3. 就活の軸
    自身の強みや個性から就活の軸(企業選びで大切にしたいこと)を定義することができます。就活の軸が明確になることで、なぜその業界、企業、職種を志望するかの理由を一貫性をもって語ることができるようになります。
  4. 将来像が明確になる
    過去のキャリアと未来のキャリアは多かれ少なかれ関係しています。特に、中堅社員の即戦力として企業に期待される場合は、なおさら過去の経験や実績を活かしてどのように新しい企業で貢献・活躍できるかといった観点が必要になってきますので、自分の過去を整理して理解しておくことは必須です。また、あなたの個性や適性から具体的な将来像を掴むことができれば、強みを活かした職種につける可能性も高まります。

因みに、まずは無料で自己分析をスタートさせたい方にはこちらがオススメです。

市場価値診断なら、ミイダス!

この無料診断では、自身のビジネスマンとしての行動特性、適正職種を理解することに留まらず、転職別、年齢別、学歴別の年収データからご自身と比較したい人と年収を比較することもできます。

自己分析の進め方

自己分析で洗い出した要素を書類に落とし込む際、それらを第三者でも理解できる内容に表現する必要があります。

それは言葉遣いだったり内容に緩急をつけたりすることを意味しますが、最も重要なことは構造的に整理して書くということです。

構造的に表現することで、他の人があなたの書類を見たときにきちんと順序だててストーリを理解することができ、あなたの伝えたいことや意図が正確に伝わるからです。

この構造化は、面接の段階でも活きてきますので、ぜひ書類作成の際にも強く意識したいポイントです。

自己分析のステップ5つ

  1. なぜその業界・職種なのか(Why)
    キャリアアップや転職を考えている方なら、働きたい業界や企業、職種があるはずです。なぜそこで働きたいのか、その熱意を冷静に伝えます。
  2. なぜその企業なのか(Why)
    その企業を志望している理由、魅力を感じているポイントを正確に伝えます。あなた自身の就活の軸、企業を選ぶ軸は一本太く通しておく必要があります。
  3. その企業で何をしたいのか、キャリア目標(Will)
    その業界、企業で何を達成したいのかといった、キャリア目標について熱い思いを言葉にします。自身の目標を語る際には、長期と短期の両方の視点をもって準備しておきます。
  4. その企業で何ができるか(Can)
    転職先で活かせる、自分だからこそ持っているものを具体的にアピールし、志望先企業であなたが活躍できるイメージを面接官に植え付けます。この際、より多くの方にあなたの魅力が伝わるように、専門的な内容に偏りすぎないよう、業界の人が見ても魅力に感じる程度に抽象化することを意識します。
  5. 現職での成果←今回ご紹介するポイント
    当時の状況を踏まえて自ら主体的に問題意識を持ち視座の高い課題を設定したか、その課題解決に向けて自らの役割を越えて主体的に行動して成果に繋げたかの2点に当てはまるエピソードを選定するようにします。

今回はポイント⑤について見ていきましょう。

ポイント①、②、③、④についてはこちらで解説していますのでぜひご覧ください。

転職時に自己分析をきちんと行うことはあなたの適正を理解することに繋がります。

これにより、あなたに合った業界・企業・職種を把握しミスマッチを防ぐことに繋がります。

自己分析と並行して、転職先を探してみましょう。

探し方としては以下の転職サイトを使うのが王道です。5分ほどで登録できるので下記から登録してみましょう。

JAC Recruitmentの無料転職サポートはコチラ

外資系・グローバル転職【エンワールド】

外資系企業・外資系コンサルティングファームを狙う方はこちらもおすすめです。(私も実際に利用しました)

アクシスコンサルティング

現職での成果

eye-catch

自己分析における最後のステップは、現職で頑張った・成果出したエピソードについてです。

当時の状況を踏まえて自ら主体的に問題意識を持ち視座の高い課題を設定したか。

その課題解決に向けて自らの役割を越えて主体的に行動して成果に繋げたか。

の2点に当てはまるエピソードを選定するようにしましょう。

論理性を持たせる

自分がいくら成果を出したと思っていても、それが客観的に相手に伝わらないとうまくアピールできません。

そこで、エピソードに論理性を持たせるよう意識しましょう。

論理性を持たせるには...。

それは、その成果や成功に再現性があるか否かです。

当時の状況から何となく成功したのではなく、障壁にぶち当たった時にどのように考え行動したのか。

その行動のどの点が成功に繋がったのか。

成果を語る際の観点

  • 現状に対する問題意識が何か
  • 設定した問題に対する施策検討(課題設定)
  • 施策を実行する上での自身が工夫したアプローチ方法

そして、これらの観点が再現性を持っているか検証します。

当事者意識を念頭に置く

また、成果を語る上で欠かせないのが、自分として何を考えどう行動したのかといった当事者意識です。

当事者意識とは

  • 自発的/主体的に自らの役割や組織の壁を越えて動いているか
  • 事業/会社全体としての広い視野と高い視座を持っているか
  • 目的達成に向けて周囲を巻き込んでいるか
  • 高い目標であっても、諦めることなくやり抜いたか

これだけ聞くと若手の方は、担当ではそんな事象はないと感じると思います。

事実、私もそうでした。

特に事業/会社全体として広い視野と視座を持っているかに関しては中々ハードルが高いと感じます。

しかし実際に事業や会社全体に直接的なインパクトを与えていないくても、事業間を跨いで業務にあたった経験はあると思います。

また、人材不足や案件の特性上、自身の業務範囲を超えチームをリードしたり成果を出さなければならない場面は少なくありません。

そういった出来事1つ1つを掘り起こし、エピソードを作りこんでいきましょう。

成果エピソードづくりに役立つフレームワーク

思いを伝えるためには、何といっても構造化です。

ということで、今回は現職での成果を述べる際のフレームをご紹介します。

成果を述べる際のフレームワーク8つ

  • 結論
  • 業務概要
  • 問題(業務ミッションの円滑な達成を阻害している状況・状態はなにか)
  • 課題(それを解決・克服するために、具体的に何をすべきだと考えたのか)
  • 困難(それを実行する際に、何が大変だったか)
  • 工夫(困難に対して自身で何を考え、どう工夫して困難を乗り越えて 成果 に繋げたのか)
  • 成果 ・結果
  • 学び

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

結論

まずは業務内容と 成果 を一言で伝えます。

ここでも志望先の面接官に伝わる粒度でありつつ、具体的に語ることを意識します。

プロジェクトリーダーとしてチームをリードし、X社にとって今後のキービジネスである〇〇プロジェクトをアジア市場で初めて受注

業務概要

次に、業務ミッションや業務背景を簡潔に語ります。

〇〇ビジネス獲得に向けた戦略策定・プロジェクトリード

背景や経緯は2~3つのポイントで語れると良いです。

定量的に語れる要素はなるべく数字を使いましょう。

① X社にとってこのクライアントは最大の取引先 (X社の全ビジネスに於けるクライアントシェアは約35%、取引金額ベース)

② 今回のプロジェクトを獲得した場合のX社の見込み売上額は、500 million USD でありインパクト大

問題

業務ミッションの円滑な達成を阻害している状況・状態はなにか。

ストーリーテリングのテクニックとして、大きな谷を作ることが重要です。

TEDを見ると分かりますが、リーダーのプレゼンでも自身の挫折や苦労話が必ずと言っていいほど織り込まれています。

ここから先は個別具体の話になるため、具体例の掲載はしておりませんが、興味のある方はContactから連絡いただければご紹介いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

課題

問題を解決・克服するために、具体的に何をすべきだと考えたのか。

課題の定義は、あるべき姿(ToBe)と現状(AsIs)のギャップです。

課題(ギャップ)を意識せずして、そこに到達するための正しい行動はできません。

そのため、自身として何を課題と捉えているのかを正確に語る必要があります。

困難

困難な状況を克服するための行動を実行する際に、何が大変だったか。

なぜ大変だったのかを自分視点だけではなく、他者でも納得できるように語ります。

「誰がどう見ても確かに大変だ」と理解できるように客観性を強く意識します。

工夫

困難に対して自身で何を考え、どう工夫して困難を乗り越えて 成果 に繋げたのか。

業務内容にもよりますが、私は社内と社外に対するアクションで分けて考えました。

上記の問題・課題・困難に対する打ち手であり、自分としてこう思ったからこういう行動をしたとロジカルにストーリーを組み立てます。

成果・結果

冒頭で述べた結論をやや深掘った粒度で語ります。

1度結論で述べている内容であるため、端的かつシンプルにまとめる必要があります。

学び

ここが重要です。

この経験から、その後に繋がるような学び・他業務でも活かせる汎用性のあるスキルの習得はあったのか。

即戦力として志望先で活躍できることを根拠をもって志望先企業に理解してもらえるよう、エピソードと一貫性を持った学びポイントを伝えます。

まとめ:論点を構造化し説得力のある成功事例をアピールしよう!

今回ご紹介したフレームで論点を構造的に整理することで、自信をもって自己アピールをすることができます。

これまでご紹介した自己分析ポイント①から⑤を網羅的に準備することで、面接での基本的な質問には問題なく答えることができると思います。

重要なのは何度も内容をブラッシュアップし質を上げ続けることです。

知り合いからフィードバックをもらうのも良いですし、一番良いのは実践を通し面接官への刺さり具合からポイントを修正し内容や語り方を磨くことです。

私は、このブラッシュアップ過程で皆さんのお力になりたいと考えています。

しっかり準備して、ぜひ志望企業内定を勝ち取りましょう!

履歴書 ・職歴書・志望動機書が変われば人生が変わる。

書類通過で伸び悩んでいる方々とともに伴奏し、100%の実力が出せる様サポートさせて頂きたいと考えています。

ES・履歴書・英文レジュメの添削をご希望の方は以下からご連絡いただければと思います。

キャリア相談の方はこちら

職歴書/履歴書の添削をご希望の方はこちら

-キャリアアップ
-,